木造解体工事

環境に配慮した、木造解体を保証いたします

木造解体工事は木を主として組んで作った建築物の解体作業になります。

当社はハウスメーカー様、工務店様、建築会社様、不動産会社様、さらには一般ユーザー様など、さまざまなお客様のご要望にお応えし、多くの木造の解体工事を行っています。
木造解体工事のご要望は是非株式会社嵯峨野へご連絡ください。

木造解体工事の流れ

  • 01

    建物の事前調査

    ご相談いただいた建物の事前調査を行い、見積書を作成します。金額は建物の広さや構造、周辺環境などにより異なります。
    また、工事前に近隣へごあいさつに伺い、工事全般がスムーズに進むよう配慮します。

  • 02

    養生シート設置

    埃やゴミなどの飛散対策として、防炎シートを設置し、近隣への影響を少なくします。

  • 03

    手作業による分別解体

    廃石膏ボードを手作業で取り外し、裏に入っている耐熱材もきれいに分別します。また瓦も手作業により分別し、撤去します。

    手作業による分別解体 手作業による分別解体

  • 04

    解体工事

    木造の建物の解体工事です。重機で主に壊し、分別しながら廃材を分けて集めます。散水を行いながら、埃と振動などを少なくさせ、できる限り短期間に実施し、近隣への影響を抑えるよう配慮します。

  • 05

    分別処理

    上物の解体作業により発生する石膏ボード、瓦、木くず、ガラなどを徹底分別します。分別した発生材はすべてリサイクルし、環境に配慮しています。

  • 06

    コンクリートの破砕

    木材などの発生材をリサイクルした後は、基礎部分のコンクリートや鉄筋が残ります。コンクリートを細かく砕き、コンクリートと鉄筋に分別します。鉄筋以外の不燃廃棄物も、このとき除去します。

  • 07

    整地作業

    基礎部分を搬出した後も、地中には以前の建物の基礎や浄化槽などの異物が残っている場合があります。 さらに土と異物を分別し、土だけの状態であることを確認後、整地します。

  • 08

    残存物品の処理

    一般家屋を解体した場合、家電製品や家具、生活用品などが大量に排出されることがあります。家電製品は家電リサイクル法に基づき処理します。家電製品以外の残存物品は、廃棄物として処分します。

求人情報 ご相談からアフターフォローまでの流れ よくあるご質問 お問い合わせ

ページトップへ